和婚で式を挙げるなら、知っておきたいアレコレ

和婚で式を挙げる上で知っておきたい事

神前式など和装の挙式を行う場合や、披露宴で和装衣装を着るスタイルの和婚など、さまざまな和婚のパターンに合わせた知っておくと便利なことをいくつかご紹介していきます。和装ウエディングならではの注意点もあわせてご紹介しますので、ポイントをおさえておくと良いでしょう。ふたりの思いと理想に合わせた、より印象に残る感動的な和婚を実現しましょう。

和装で挙式を行う場合

神社で行う神前式、和装で行う人前式など、和婚の挙式スタイルはさまざまで和装だから挙式スタイルはこうでなければならないという決まりはありません。それぞれの挙式スタイルを和装衣装で行うことについて、知っておきたいちょっとしたことをご紹介します。どんな挙式スタイルの和婚がふたりにとって最適か、両家の意向や参列者の顔ぶれなどを思い浮かべながら考えてみて。

和装で披露宴を行う場合

披露宴で和装を着る和婚なら、和装以外にも和のテイストを上手に取り入れるなど、ちょっとした工夫でより強く印象に残る披露宴を演出できます。ドレスから和装へのイメージの変化をより盛り上げる工夫や、和装披露宴に合う演出の例など、披露宴で和装を着るときに知っておくと便利なアレコレをご紹介します。ゲストに、和婚っていいなぁと思ってもらえるような、理想的な和婚をつくりあげましょう。

注意するべき事

和装ウエディングの注意点を和装衣装の着こなしにポイントをしぼってご紹介します。普段着慣れていない和装は、ドレス以上に、動きも姿勢も普段の洋服とは違ってきます。せっかくの和装も品のない動きやだらしない姿勢で台無しになってしまわないように、美しく見える動作のコツや気をつけたいポイントをおさえて、最高に美しい日本の花嫁姿を目指しましょう。

人気の記事

ページTOPへ