和婚の挙式スタイルは?

どのような挙式がある?

必ずしも神前式でなければというわけではありません。
結婚式はふたりだけのものではなく、両家の結びつきでもあります。地方の伝統、親族代々の伝統など、ふたりには思いおよばないこともあるでしょう。ふたりの思いだけで決めてしまう前に、両家の意向を確認しておきましょう。挙式スタイルは両家の意見を尊重して決めることをおすすめします。

神前式

神社で行う挙式スタイルを神前式といい、神前式が日本伝統の結婚式のスタイルとされています。地域の神社で行うものから、由緒正しい神社で挙げる式など、規模はさまざま。ロケーションと式次第を含めて厳かな気持ちで大切な儀式を執り行えるためより感動的な挙式となること、和装衣装がもっとも映える挙式スタイルであることなどから、徐々に人気が高まっています。和婚をのぞむカップルの中でも本格派には特にオススメの挙式スタイルです。

仏前式

寺院仏閣でおこなう挙式スタイルで、両家のご先祖様に対して婚礼の約束を報告します。仏閣の高僧が時間をかけて儀式を執り行い、ご先祖様への感謝の想いもあらためて募る、あたたかい挙式となります。寺院仏閣も和装衣装が似合います。

人前式

親しい人たちの前で結婚の約束を交わす、人前式。レストランやゲストハウスなど、挙式場がない会場でも挙式ができるため場所を選ばず、アットホームな空気での挙式がかなえられます。宗教や国柄の要素がもっとも少ないので選ぶ衣装もドレスでも和装でも自由度が高い挙式スタイルです。

チャペル式

教会のチャペルで挙げる挙式スタイルです。白無垢は立派な日本伝統の正装。チャペル式では和装を着てはいけないというルールはありません。白無垢を着たいけど挙式は教会がいいという想いを両方かなえることができます。

人気の記事

ページTOPへ