どういう結婚式を和婚というの?現代の和婚について

具体的に何を持って和婚とする?

和の要素を取り入れた結婚式を広い意味で和婚といいます。挙式のすべてを和にしなくても、挙式の中のどこかに和テイストのものが取り入れられている結婚式であれば和婚となります。和の要素のうち、もっともわかりやすいのは和装衣装。和装衣装を着る場面は、挙式以外にも披露宴のお色直しで着てもOKです。その他の要素としては、お料理や会場。日本庭園に囲まれた和式の会場での挙式・披露宴や、和懐石などの日本料理をメインとした婚礼料理なども和の要素となります。

日本古来の伝統的な結婚式とは

元来、日本の結婚の儀式は、新郎の家で行われるのが一般的で、今でいう人前式で、両家の契りを交わしていました。明治時代、大正天皇のご成婚の儀をきっかけに、神前式が広く民間に普及していきました。神社で行う、いわゆる神前式が日本伝統の結婚式となりました。

現代の和婚

由緒正しい神社・仏閣などで行う伝統的スタイルの純和風の結婚式から、和装衣装を着て人前式のレストランウエディング、割烹料亭で純和風の懐石料理を振舞うなど和のスタイルを取り入れた結婚式まで、和婚の定義は広く、これといったルールや決まりはありません。チャペル式でも披露宴のお色直しで和装衣装を取り入れたり、披露宴会場の演出やコーディネイトを和風にするなど、和洋折衷式のウエディングも和婚といえます。結婚式は生涯一度の大切な儀式であることを重視し、日本の伝統に忠実に、本格的な和婚をと、格式高い神社での神前式をのぞむカップルも増えているようです。

人気の記事

ページTOPへ