参列者の和装について

参列者の和装

参列者が和装・着物を着ると式全体がぱっと華やかになります。和婚ならなおのこと、和装衣装での参列は喜ばれるでしょう。和装には種類によって格の上下が定められていて、着用できる場所やルールが厳格です。基本をおさえておきましょう。あくまでも主役は花嫁ですので、華やかながらも引き立て役であることを忘れずに選ぶことも大切です。

格を合わせる

結婚式では新郎新婦が最上格の衣装を着るのが一般的ですので、新郎新婦が準礼装の場合は、それよりも格上になってしまわないよう注意が必要です。また、両家の親族同士が和装での参列となる場合、正礼装とするのか準礼装とするのか、紋の数についても事前に話し合い、揃えるようにすると良いでしょう。

黒留袖

既婚女性の第一正装は黒留袖の紋付です。紋の数によって格が変わり、5ツ紋が最上格となります。一般的に新郎新婦の親族にあたる女性や仲人婦人が着用します。留袖は既婚未婚にかかわらず着用可能ですが、黒留袖は既婚者のみの着物で、未婚者は着ません。

色留袖

未婚女性も着られる色留袖は、黒留袖と同様に正礼装です。5ツ紋ならば第一礼装として着用可能、3ツ紋なら訪問着、1ツ紋は略礼装として着用できます。紋の数に注意が必要です。

訪問着

年齢問わず、広く一般的に着られる訪問着。友人の結婚式の参列などには訪問着が無難でしょう。1ツ紋がついた訪問着は略礼装として着ることもできます。

人気の記事

ページTOPへ