風格と威厳にあふれる、男性の和装衣装

男性の和装

日本古来の伝統と粋を感じる、男性用の和装婚礼衣装。現代は花嫁衣裳に合わせて選ぶのが主流となっています。和装衣装を着た新郎には日本男児の静かで凛とした強さがにじみます。

紋付羽織・袴

男性和装の第一礼装である紋付羽織・袴。花嫁衣裳が白無垢、色打ち掛け、振袖の場合、新郎は紋付の羽織袴を着用します。
新郎の家の家紋を用い、黒い羽織の五箇所に染め抜いた五ツ紋が正装です。五ツ紋の位置は、両胸、背、両袖です。袖に染め抜きのない三つ紋の羽織は準礼装となり、花嫁衣裳が振袖または留袖の場合に着用します。白無垢、色打ち掛けの場合は第一礼装の五ツ紋で格を揃えます。袴は黒の縞か茶で、帯はグレーかこげ茶、扇子や羽織のひも、ぞうりの鼻緒など、小物には色物を使わずに白で統一します。

衣冠束帯

新婦の衣装が十二単の場合は、新郎は衣冠束帯を着用することがあります。衣冠束帯は平安時代後期より公家で用いられる朝廷での正装です。伝統的な厳かさと優雅さがたいへん印象的な和装衣装です。

人気の記事

ページTOPへ