豪華!艶やかな花嫁和装衣装の種類

女性の和装

日本人女性がもっとも美しく見える、和装の花嫁衣装。和装花嫁衣裳といえば、純白の白無垢をまず思い浮かべますが、白無垢以外にも色々とある和装花嫁衣裳。女性の和装衣装の種類をご紹介します。花嫁衣裳・和装のイメージはこちらを参考にしてください。

種類豊富な白無垢

花嫁衣裳の代表格、白無垢。全身を白で統一した日本伝統の和装の婚礼正装。白には清純無垢の意味がこめられており、神に仕える衣装の白を引き継いでいるともいわれます。打掛、打掛の下に着る掛下、帯、そして小物類まですべて白で揃えます。白一色でありながらも、生地の種類も様々で、織りや刺繍による柄も豊富に揃えられています。中にはラインを絞ってドレスのような雰囲気をかもしだす新しいタイプのデザインも。頭には角隠しまたは綿帽子をかぶります。綿帽子はウエディングドレスのベールのようなもので、白無垢の時にだけかぶれるものです。

色鮮やかな色打ち掛け

豪華絢爛な刺繍や織りが華やかな色打ち掛け。白無垢同様に正礼装です。ぱっと鮮やかな色打ち掛けは披露宴やお色直しに着られるケースが主流となっていますが、挙式で着用することもできます。挙式に着用する際は角隠しをかぶります。

本振袖・黒引き

未婚女性の第一礼装である振袖。裾をだして引きずるようにして引き着にします。最近の人気は黒地に艶やかな柄の黒引き振袖。スタイリッシュでモダンな印象の大人っぽい和装衣装です。ヘアスタイルを洋風アレンジにして、現代風に着こなすのもおしゃれで素敵ですね。

人気の記事

ページTOPへ